お手入れ手帳

暮らしを豊かにする花のお手入れ方法

生花

2019.07.08

study


〈置き場所〉

屋内のなるべく涼しく、直射日光やエアコンなどの風が直接当たらない場所に置きます。風にあたると、花弁や葉が乾きやすくなります。

〈アレンジメントのお手入れ〉

吸水スポンジにお花を挿しているので、そのまま飾ってお楽しみいただけます。
水分を最小限にして配送していますので、商品到着後すぐに器の端からゆっくりと水を注ぎ足してください。吸水スポンジは一度乾くと水を吸わなくなるので、乾燥させないようにご注意ください。吸水スポンジは「燃えないゴミ」として処分が出来るので、水分をよく切ってから捨ててください。(※お住まいの地域行政によって基準が異なる場合があります。詳細については、市町村該当窓口にお問い合わせください。)

天然素材の器を使用している場合は、水漏れなどにより色落ちやカビの原因となる場合がありますのでご注意ください。

〈花束のお手入れ 〉

ラッピングと保水材を取り外し、葉が水に浸らないように取り除いて花瓶などに活けてください。葉の腐れや、葉から水分が蒸散するのを防ぎます。活ける際、良く切れるハサミやカッターなどで茎の根元を斜めに切ってから水に入れると、水を吸いやすくなります(水あげ)

切り花鮮度保持剤(液体)を入れ、2~3日に一度のペースで水替えを行ってください。夏場は水が腐りやすいので、こまめに水替えすると長くお楽しみいただけます。