花毎占い

季節の移ろいを感じ、
花を楽しみながら
日々こころ豊かに暮らす星からの
メッセージをお届けします。

双子座の運勢

未練や執着にサヨウナラ

双子座
5月21日から6月20日うまれ

「言論の自由」は双子座の人々にとって大切なキーワードです。しかし熱い正義感が動機でも、思ったことを自由に言語化する「純粋さ」や「正直さ」が必ずしも良い結果を生むとは限りません。
しかし今季の双子座の人々は「ユーモアのセンス」を発揮でき、「グッドタイミング」をチョイスできます。
あなたの自由な言葉が聞き手や読み手の気分を明るくし、彼らに多くの「ヒント」を与えることになるでしょう。
ただし、啓蟄の日までの注意点は、心の中にあるかもしれない「過去の恋愛への未練」や「手放さねばならなかった物事」に対する執着心です。
それらがトラブルを招きやすい星回りなので、ダークな感情との決別は、今季の大切な課題です。
面と向かってじっくり話すことは難しい日々ですが、啓蟄以降はオンライン飲み会やSNSなどでのコミュニケーションを楽しめるでしょう。

今月は、この花を暮らしに

スイートピー
蝶が飛び立つような花の姿から「門出」や「別れ」といった花言葉を持つ花です。別れには未練も執着も付きまといますが、そんな時、カラフルで軽やかなスイートピーを飾れば、明るい気持ちで次のステップを迎えられそうです。

花監修・文:第一園芸 花毎

双子座の花

スズラン花言葉:純粋/幸せが再び訪れる

自生種は高原や山間などの木陰に咲く宿根草です。ヨーロッパでは「聖母マリアの花」とされており「純粋」「純潔」の象徴。結婚式のブーケとしても人気です。別名Lilly of the valley(谷間の百合)、君影草。香水にも使われる、爽やかな甘さのある香りがします。

比嘉隼人

沖縄出身の蠍座。
神秘思想とユング心理学の影響を強く受け、タロットとアストロロジー(西洋占星学)を専門とする占い師として活動。好きな花は椿と紫陽花。
https://twitter.com/higahayato