花毎占い

季節の移ろいを感じ、
花を楽しみながら
日々こころ豊かに暮らす星からの
メッセージをお届けします。

牡羊座の運勢

物質と精神のバランス

牡羊座
3月20日から4月19日うまれ

今季の始まりから3月上旬の啓蟄の前日までは、身体の健康への配慮や所持品に対するこだわりが運気の流れを良くしそうです。
ステイホーム期間中はどうしても運動不足になりがちですが、体力作りをする時間を設けたり、食生活を改善する好機です。特に今季前半の牡羊座は「熱意」に満ちていますので、三日坊主にならずきちんと習慣化することができそうです。所持品に関しては「減らす」ことよりも、好きな物を「増やす」ことのほうが幸せに繋がりそうな星回りです。
啓蟄以降は、対人関係がフォーカスされそうです。友人知人や職場の同僚、家族(特に兄弟姉妹)や恋愛の対象も含んだ「仲間」との積極的なコミュニケーションを心掛けましょう。自分の意見を主張することも大切ですが、他者の言葉の裏にある「精神の思考」を想像してみることが、絆を深めることになると思います。

今月は、この花を暮らしに

ミモザ
イタリアでは3月8日はミモザの日で、男性から女性に感謝を込めてこの花を贈る日です。これは恋愛関係に限ったことではなく、全ての女性が対象なので義理チョコの感覚に近いかもしれません。そしてミモザの花言葉は「友情」「思いやり」。まさにこの時季、コミュニケーションがキーワードの牡羊座の方々にふさわしい花です。感謝の気持ちを込めて、さりげなくこの花を贈ることであなたにも開運が訪れることでしょう。

花監修・文:第一園芸 花毎

牡羊座の花

ガーベラ花言葉:希望/前進

花屋では通年出回りますが、最盛期は4月。切花品種は2000種以上の品種があるとされています。色もさることながら花の形も極小輪から巨大輪までサイズもさまざまです。茎には細かな毛があり、このため水に多く浸かると腐敗してしまいます。

比嘉隼人

沖縄出身の蠍座。
神秘思想とユング心理学の影響を強く受け、タロットとアストロロジー(西洋占星学)を専門とする占い師として活動。好きな花は椿と紫陽花。
https://twitter.com/higahayato