花毎占い

季節の移ろいを感じ、
花を楽しみながら
日々こころ豊かに暮らす星からの
メッセージをお届けします。

蠍座の運勢

「家」と「家族」

蠍座
10月23日から11月21日うまれ

「家」に関することが今季の蠍座の人々にとっての重要なテーマです。一人暮らしの人、同居人のいる人、家庭を持っている人、立場によってそのテーマへの取り組み方は違うでしょう。共通して言えるのは、大きな決断をするには絶好のチャンスが訪れるということです。引っ越しをするなら、購入か賃貸か、一戸建てかマンションか、場所は都会か田舎か等で迷っていても、最終的に後悔のない選択ができそうです。
引っ越しを考えていない人も、いまの家の改築や思い切った模様替え等で、生活の基盤となる全体的な「運の底上げ」ができるでしょう。
引っ越しや改築をしたいけれど経済的理由で実行できない人は「決意する」ことで意欲が湧き、仕事運や金運を向上させることができそうです。「家族」も必然的に、重要なテーマとなります。「家」に関する大きな決断を共に話し合うことで絆が深まるでしょうし、結婚や出産等のおめでたい経験をする人も多そうです。

今月は、この花を暮らしに

バーベナ
野生種を含めると多くの品種がありますが、この時季に花苗が出回り、夏にかけて次々と花を咲かせる、初夏の花壇の主役ともいえるのがバーベナです。小さな花が集まって手毬のように見えることから、家族の和合や団結といった花言葉も。今季、家がテーマの蠍座の方であればカラフルなバーベナの中からお好みの色を選んで、ベランダやお庭で育てることが開運行動につながりそうです。

花監修・文:第一園芸 花毎

蠍座の花

ダリア花言葉:華麗/優雅

歴史の古い花で、15世紀頃のアステカ帝国で神聖な花として栽培されていたとされます。そしてバラやチューリップと並んで最も花色の多い植物のひとつ。巨大な花から小輪までさまざまな形がありますが、花びらが傷つきやすく、茎はストロー状の空洞のため水が落ちやすいといった繊細な面を持つ花でもあります。

比嘉隼人

沖縄出身の蠍座。
神秘思想とユング心理学の影響を強く受け、タロットとアストロロジー(西洋占星学)を専門とする占い師として活動。好きな花は椿と紫陽花。
https://twitter.com/higahayato