二十四節気の花絵

イラストレーターの
水上多摩江さんが花毎のために描いた、
二十四節気の花々

第四十三話 立冬 「落葉松」

2019.11.07

life

秋。山で黄金色のカラマツの林を歩くと

北原白秋の「落葉松」がふと口をついて出ます。

『からまつの林を過ぎて

からまつをしみじみ見き。』

この詩は八連あって最後の

『山川に山がはの音、からまつにからまつのかぜ。』

のところが好きで、

あーそうだな、本当にそうだなぁと

非常に感心してうなづきながら

からまつの林を歩くのでした。

世の中よ、あはれなりけり。

常なれどうれしかりけり。

水上多摩江(画・文)

イラストレーター。
東京イラストレーターズソサエティ会員。書籍や雑誌の装画を多数手掛ける。主な装画作品:江國香織著「薔薇の木 琵琶湖の木 檸檬の木」集英社、角田光代著「八日目の蝉」中央公論新社、群ようこ「猫と昼寝」角川春樹事務所、東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇跡」角川書店など