花毎占い

季節の移ろいを感じ、
花を楽しみながら
日々こころ豊かに暮らす星からの
メッセージをお届けします。

天秤座の運勢

多忙さを楽しめる時季

天秤座
9月23日から10月22日うまれ

今季の始まりから5月8日頃まで、持ち前の美的センスを存分に発揮することができます。身体的魅力にも磨きがかかります。その魅力に「一目惚れ」する誰かが現れるかもしれません。様々な場面で、あなたの審美眼に自信を持って行動することが実り多き結果に繋がるでしょう。忙しい時季ですが、余裕を感じながら、楽しく日々のタスクをこなしていけるはずです。気分転換をしたくなったら、自然の美しさに触れることや、美術館巡り等がオススメです。
5月9日以降、更に忙しくなりそうです。強制されるような忙しさではなく、能動的な、願望を達成するためのチャンスを掴むために活動的になるような忙しさです。共同作業を通じて周囲の人々との理解が深まり、彼らとのコミュニケーションから多くを得られるでしょう。知的好奇心が満たされ、新鮮な刺激があります。同僚や友人に伝えたいことが「正確に」伝わるタイミングです。

今月は、この花を暮らしに

芍薬
立てば芍薬、座れば牡丹といわれ、古来より美人に例えられてきたのが芍薬です。花のバリエーションも一重咲や八重咲、色もピンク、赤、白、黄などさまざまですが、華やかな花からは甘く爽やかな香りが漂うという、一目見たら忘れられない、この時季が旬の花です。天秤座ならではの美的センスが光る今季は、ぜひこの花を飾り、眺めて一息つきましょう。この気分転換こそが開運のきっかになるかもしれません。

花監修・文:第一園芸 花毎

天秤座の花

バラ花言葉:美/愛

2万~5万種の品種があると言われています。通年出回っていますが、秋は春に次ぐバラの最盛期。春のバラとの違いは、同じ品種でも色に深みが出て、印象が異なるものもあります。花のプロは春より秋バラを好む方が多いです。

比嘉隼人

沖縄出身の蠍座。
神秘思想とユング心理学の影響を強く受け、タロットとアストロロジー(西洋占星学)を専門とする占い師として活動。好きな花は椿と紫陽花。
https://twitter.com/higahayato