花毎占い

季節の移ろいを感じ、
花を楽しみながら
日々こころ豊かに暮らす星からの
メッセージをお届けします。

魚座の運勢

芸術の中の夜の街

魚座
2月19日から3月19日うまれ

雨水から啓蟄の前日までは、太陽が魚座の中で輝く「魚座の誕生日」の季節です。昼間の太陽の輝きより、深夜の月ほのかな明かりの方が似合いそうな魚座の人々の為に、今季は月も参加してお祝いしてくれます。
恋人や友人達に囲まれた賑やかなお誕生日パーティーが開かれるのは、今は厳しいかもしれませんが「芸術」と「一人静かに過ごす時間の確保」が幸運の扉を開くキーワードである今季は、逆に好都合かもしれません。
働くシングルマザーなら「一人静かに過ごす時間」は確保できるだけでも幸運だと感じるでしょうが、経済的不安や、精神的な重荷から「奇跡」のように解放される可能性もある星回りです。是非2時間程確保して、映画鑑賞や読書などで、幸運を更にアップさせてください。
バーでお酒を飲むのが好きな魚座の人々も多いと思いますが、芸術の中にはロマンティックな「夜の街」があり、家で飲むシャンパンもいつもより美味しいかもしれません。

今月は、この花を暮らしに

クリスマスローズ
クリスマスローズという和名が付けられていますが、本来は春に咲く花です。明るい色の花に目が行く時季ですが、この花は真逆のシックな色あいで、うつむき加減に咲く大人っぽい姿が魅力。ひとり夜の時間を楽しむ横には、こんな花がぴったりです。夜に溶け込むような色のクリスマスローズを贅沢にたっぷりと飾っても、美しいグラスに一輪差しても素敵。ゆっくり眺めながら贅沢なひとときを楽しんでください。

花監修・文:第一園芸 花毎

魚座の花

ラナンキュラス花言葉:華やかな魅力/幸福

ラナンキュラスとはラテン語で「小さいカエル」を意味します。これはラナンキュラスの多くが(カエルがいるような)湿地に自生していることや、葉の形がカエルの足に似ていることから名付けられたと言われています。この花は幾重にも重なる花びらが特徴。現在切り花として流通しているものは花弁の数が100枚から多いものでは250枚近くにもなります。色のバリエーションもとても豊富で、青系の花色以外はほとんどの色が存在します。

比嘉隼人

沖縄出身の蠍座。
神秘思想とユング心理学の影響を強く受け、タロットとアストロロジー(西洋占星学)を専門とする占い師として活動。好きな花は椿と紫陽花。
https://twitter.com/higahayato