花の旅人

物語のある、
花の名所を楽しむ旅

熱海・海を臨む絶景の花園「アカオ ハーブ&ローズガーデン」

2020.06.09

travel

最も高台に位置するのが「オーシャンガーデン」。太平洋が一望できる場所です。

2020年5月21日よりアカオ ハーブ&ローズガーデンは新型コロナウィルスの感染拡大防止策を実施し、営業を再開しています。
*本記事は2019年5月末に取材いたしました内容を元に作成いたしました。


近年、人気が再燃している熱海に海を見下ろすローズガーデンがあります。
「アカオ ハーブ&ローズガーデン」は熱海の景勝地の一つである、錦ヶ浦(にしきがうら)の斜面、20万坪の敷地に12のテーマのガーデンが連なる、海と花のコントラストが魅力の観光庭園です。
取材に伺ったのは昨年5月の終わり。
こちらはバラの開花期が都内近郊よりも少し遅れて見ごろを迎えます。

アカオ ハーブ&ローズガーデンの全景を見渡せる「バラの谷」

山の斜面に沿うようにガーデンが点在しているので、まず入口から園内専用のシャトルバスに乗って頂上まで行き、徒歩で下りながらそれぞれのガーデンを見て回る、ユニークなスタイルです。
もちろん往復とも徒歩での見学も可能ですし、または疲れてしまったら、下りのバスに手を上げればバスに乗車することもできますので、広大な敷地でも体力に合わせて楽しめます。

イングリッシュローズガーデン

まるでイギリスの庭園のようなイメージなのが「イングリッシュローズガーデン」です。
バラと宿根草、そして小さなお家が印象的な、パステルカラーの組み合わせが美しい場所。
この時はジキタリス、ニゲラ、忘れな草などが満開に。

もう一方のエントランスには軽やかな赤とピーチ色のつるバラが咲き乱れていました。

こちらは「黄金のバラの庭」
その名の通り、黄色いバラと黄味を帯びた色の植物だけでつくられた、まさに黄金の庭です。

プロポーズガーデン

つるバラのトンネルにクレマチスやジキタリスが彩りを添えています。
白とピンクの花々でコーディネートされた、ドラマティックな印象のガーデンです。

ウエディングガーデン

白とピンクでコーディネートされていた「プロポーズガーデン」に続いて現れるのが「ウエディングガーデン」
赤と黄色のバラで埋め尽くされてとても華やか。バラたちが一斉に祝福してくれるような場所です。

さまざまなガーデン

園内には斜面を活かしたこんな場所もあります。
キャットミントやサルビアといった草丈が長い花とバラの組み合わせが素敵。

約100種類のハーブと柑橘類の果樹を集めた「ハーブガーデン」

白い花だけを集めたガーデンも。
バラ、ジキタリス、サルビア……白い花といっても色も形もさまざまです。

アカオハーブ&ローズガーデン

〒413-0101  静岡県熱海市上多賀1027-8
http://www.garden-akao.com/
開園時間:9:00~17:00 (入園は16:00まで)

休園日:12月・1月の毎週火曜日(12/29~1/3は営業)

入園料は期間などにより異なります。

※最新情報と詳細につきましてはアカオハーブ&ローズガーデンのWEBサイトをご覧ください。