旬花百科

日本一の花市場、大田市場に集まる
旬の花や最新品種をご紹介。
知っていると花選びが楽しくなる、
そんなお話です。

第十六話 「スターチス」

2020.08.09

study

「雲竜」「白竜」「陽春」

人気復活!流行りの花

出回り時期:ほぼ一年中
□学名:Limonium sinuatum □分類:イソマツ科リモニウム属
□英名:Statice、Limonium、Wavyleaf sea-lavender □和名:花浜匙(ハナハマサジ)、庭花火(ニワハナビ)、スターチス、リモニウム 
□原産地:地中海沿岸

花言葉

スターチス全体の花言葉 「変わらぬ心」「永遠にかわらない愛」「永久不変」「途絶えない記憶」
海外での花言葉 「I miss you」「Remembrance(記憶)」「Sympathy(共感)」「Success(成功)」など

「金春」「山吹」「浪漫」

スターチスはこんな花

花も茎もカサカサとした質感が特徴の花です。そのまま乾燥させても色が変わりづらいので、ドライフラワーにもよく使われます。
歯ブラシのような姿からブラシとも呼ばれますが、花のように見えるのは「苞」で、本来の花はその上に白や黄色などの小さな花を咲かせます。
1980年代ごろにドライフラワーとして人気があり、花持ちの良さや鮮やかな発色から、仏花の花束に加えられることが多い花でもあります。
現在では小花タイプやアンティークカラーなどの品種が増えたことから、再び人気となり、ウエディングブーケなどにも使用されるようになりました。

「喝采」「紅小町」「電光赤華」「斑鳩」

スターチスの語源

本来の名前は「リモニウム」ですが、まだまだ「スターチス」という名前が一般的です。
スターチスとは、下痢止めの薬草だったことから、ギリシャ語の「statizo(止める)」に由来するといわれています。

和名の「浜花匙」は、浜辺によく咲くことと、花の形が匙=スプーンに似ていることからこの名が付けられたとされています。

「きゃめる」「陽春」「南十字星」「吉祥」

2つのスターチス

切り花として出回るスターチスには大きく2つの品種があります。
小ぶりでギュッと詰まった花(苞)と、細い茎、アンティークカラーやニュアンスカラーの色が豊富なタイプが「ハイブリットスターチス」です。(これより上にある画像がハイブリット系です)

もうひとつは従来からある「シュニアタ」という、花(苞)が大きく、平たい茎が特徴です。ビビッドな色が多いスターチスでしたが、最新品種はアンティークカラーなど、雰囲気のある色合いも増えてきました。(これより下にある画像がシュニアタ系です)

「タスマニアオレンジ」「ビンテージグレープ」「ピンクソロモン」

「ブルースカイ」「アイスブルー」他

スターチスのお手入れ

水あげ、花持ちがとても良い花です。特別な水あげなどは不要です。
(スターチスだけであれば)水を入れなければそのままドライフラワーになります。

「アプリビューティー」他

取材協力:株式会社 大田花き