二十四節気の花絵

イラストレーターの
水上多摩江さんが花毎のために描いた、
二十四節気の花々です。

第七十二話 大寒の花絵「スイートピー」

2021.01.20

life


2021年1月20日から二十四節気は「大寒」に

一年で最も寒いとされる大寒は冬最後の節気であり、立春から始まった二十四節気が一巡する時です。

大寒に行われる行事に「節分」がありますが、節分とは雑節(ざっせつ)のひとつで、二十四節気では掴み切れない季節の移り変わりを表すために作られた特別な暦日です。
この節分には「季節を分ける」という意味があり、かつては立春、立夏、立秋、立冬の前日を指す言葉でしたが、時代とともに立春の前日、つまり大寒の終わりの日を指すようになりました。
また、古来より季節の変わり目には邪気が入りやすいとされ、特に年の変わり目である大寒の節分は最も邪気が高まると考えられたため、鬼=邪気を払う「豆まき」が行われるようになりました。

いにしえの人々は鬼を形の見えない恐怖に例え、こうした行事を行ってきましたが、現代に生きる私たちにとっても今年の節分は例年とは異なる意味を持っているようです。

節分でこの邪気を払い、清々しい立春を迎えられることを願うばかりです。


「スイートピー」

□開花期: 4月~6月(切り花の出回り時期は11月~4月)
□香り:あり
□学名:Lathyrus odoratus
□分類:マメ科レンリソウ属
□和名:麝香連理草(ジャコウレンリソウ)、カオリエンドウ(香豌豆)など
□英名:Sweet pea
□原産地:イタリア・シチリア島

晩秋から出荷が始まり、卒業式が行われる頃に最も多く出回る、花屋の店先で最も早く春の到来を告げる花のひとつがスイートピーです。
名前の由来はSweet=甘い、pea=豆。
和名ではカオリエンドウと呼ばれ、甘い香りや左右対称の蝶形花といったマメ科の花ならではの特徴がある花です。ちなみに絹さやにそっくりな豆が成りますが、これには毒性があり食用できません。

スイートピーは原産地のシチリア島で発見され、1900年頃からイギリスで改良が進み、多くの品種が生み出されました。
特にカラーバリエーションが豊富で黄色以外の色素を持った花と言われています。
染色にも向いているため、黄色、水色、黒などユニークな色に染められた花も出回っています。


花毎の花言葉・スイートピー〈心の旅〉

1月21日
スイートピーの日にちなんで、大寒の花絵に「赤いスイートピー」を描いていただきました。
春の花、というイメージがあるスイートピーがなぜ1月21日がスイートピーの日なのかと言うと……
花屋では出盛りの時期であるとともに、3種類の花びらが左右対象に1・2・1と並んで一つの花となっていることに由来。そしてこの日は一般社団法人日本記念日協会に記念日登録されています。
ちなみにこの花を歌った曲が発売されたのも1982年1月21日でした。

赤のスイートピー
この曲の大ヒットから、その当時には存在しなかった赤い花が生まれたとも言われていますが、実は元々存在していた花色で、この曲の人気から改良が進み、現在では多く目にするようになりました。

花言葉
今までに付けられたスイートピーの花言葉は蝶が飛び立つような花の姿から「門出」や「別れ」などです。
例年であれば「門出」は卒業式の季節にふさわしい花言葉ですが、いま多くの方が切望しているであろう、旅への憧れをその飛び立つような花の姿に重ねて、花毎では<心の旅>という花言葉をこの花に託したいと思います。

文・花毎 クリエイティブディレクター 石川恵子

水上多摩江

イラストレーター。
東京イラストレーターズソサエティ会員。書籍や雑誌の装画を多数手掛ける。主な装画作品:江國香織著「薔薇の木 琵琶湖の木 檸檬の木」集英社、角田光代著「八日目の蝉」中央公論新社、群ようこ「猫と昼寝」角川春樹事務所、東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇跡」角川書店など