旬花百科

日本一の花市場、大田市場に集まる
旬の花や最新品種をご紹介。
知っていると花選びが楽しくなる、
そんなお話です。

第八話 「アジサイ カラー」

2018.09.17

study

今回はコロンビアから届いた、カラーリングされたアジサイをご紹介します。

□学名:Hydrangea □分類: アジサイ科 ・ アジサイ属
□和名:アジサイ □原産地:日本、東アジア、北アメリカ
□花言葉:あじさい全般「移り気」「冷淡」「辛抱強さ」、ピンク「元気な女性」、白「寛容」、青「辛抱強い愛情」

アジサイは日本原産の花木ですが、原種が中国、そしてヨーロッパへと渡り、品種改良を重ねてさまざまな姿のアジサイが誕生しました。
日本ではアジサイ=梅雨の花のイメージがありますが、今回ご紹介しているアジサイは南米コロンビア産。コロンビアは気候が一年中一定しているため、一年中大規模に栽培され、日本に輸入されています。

「アジサイカラー」は産地のコロンビアで、クリーム色のアジサイに特殊な塗料をひとつづつ手作業で吹き付けて、独自の色合いにしたもの。
パステルカラーのタイプや、アンティークカラー、ビビッドカラーなど、実際には存在しない色合いがユニークなアジサイです。

アジサイの色としては存在しない、黄色があるのはカラーリングしたアジサイならでは。

1本を数色でカラーリングしたタイプもあります。
ポップな雰囲気ですが、着物にも通じる色合いは、和装のウエディングブーケなどにも似合いそう。

自然界には無い色合いでありながらも、不思議と違和感のない「アジサイカラー」。
しっとりとした梅雨イメージの紫陽花とはまた別に、インパクトのあるモダンな花として、新しい楽しみ方ができそうですね。

取材協力:株式会社 大田花き、株式会社クラシック