花の旅人

物語のある、
花の名所を楽しむ旅

vol.4 〈北海道ガーデン街道・秋編〉第五話:ドラマティックな秋の花畑 「風のガーデン」

2018.11.20

travel

2018年9月、震災の風評で北海道ガーデン街道が寂しい状況と聞き、

急きょ、秋真っ盛りの帯広~旭川を旅してきました。

帯広から富良野へ。新富良野プリンスホテルの一角にある「風のガーデン」を再訪します。

こちらは2008年に放送された、倉本聡さん脚本のテレビドラマ「風のガーデン」の舞台として誕生した、同名のガーデンです。
2017年夏に訪ねた時は、パステルカラーの花々に埋め尽くされていましたが、2018年の秋はしっとりと落ち着いた色合いに。

メインガーデン

ドラマの舞台となった庭。宿根草を中心に450種類以上の花々が季節毎に、次から次へと移り咲きます。

手前の赤い穂の花は「ペルシカリア」。蓼食う虫も好き好き、ということわざで有名な、タデ科の植物です。

色鮮やかなピンクの「秋明菊(しゅうめいぎく)」。

ドラマのセットを残した「グリーンハウス」。

いつも開け放たれている大きな窓からガーデンを望む部屋。
窓にかかったカーテンが風にそよぐこの場所は、この庭のテーマを象徴しているよう。(動画はインスタグラムでご覧いただけます)

「アスター・ジョリージャンパー」「アスター・セプテンバールビー」「アガスタチ」

北海道の秋を告げる、「蝦夷野紺菊(えぞのこんぎく)」と「女郎花(おみなえし)」

赤い「セダーム・オータムジョイ」の上にすっと、1輪伸びた薄紫の丸い花は松虫草の仲間「サクシセラ・フロステッドパールズ」。

ガーデン内にはドラマの中に登場した、ガブリエルの像がそれぞれが異なるポーズでいくつも点在しています。

薔薇の庭

原種やオールドローズなど70種類近くのバラと宿根草を組み合わせた、ナチュラルな雰囲気の庭。秋はバラの花に代わって、バラの実であるローズヒップがたわわに実っていました。

オーナメンタルグラスの中でも甘い香りをただよわせる「シミシフーガ(サラシナショウマ)」。白い穂のように見えるのが花。蜂が夢中で蜜を集めていました。

和名では松虫草と呼ばれるスカビオサの一種「スカビオサ・オクロレウカ」。

野の花の散歩道

ここは北海道の山野でよく見られる野草を取り入れた野趣あふれる庭。こどもの頃に歩いたことのあるような、どこか懐かしい雰囲気の場所です。

ヘッドガーデナーの六条さんからのメッセージは「花も風も鳥も虫もすべてが愛おしい!」
このガーデンの中に入ると、本当にこの通りの気持になることがわかります。

2018年は干ばつ、台風、地震による停電と、植物にも人にも、とても厳しい年だったけれども、花は10月14日のクローズ時まで美しく咲いてくれた、と六条さん。
クローズ後すぐに、ほとんどの植物を刈り取り、いまは冬支度が整ったころでしょう。

長い冬の後には、エゾエンゴサクや水仙、チューリップなどが一斉に咲いて、北海道の春を感じる、まったく違う表情のガーデンになるそうです。

 

次回は旭川の「上野ファーム」へ向かいます。

 


北海道は元気です。

北海道胆振東部地震の一報を知った時、まず思い浮かんだのは、私の北海道の唯一の知り合いであるガーデン街道の皆さんでした。
被災の状況が報道される中、あの庭はどうなっているのだろうかと心配が募り、お目にかかったガーデナーの皆さんに連絡を取り、状況を伺いました。

判ったのは、震災発生時は停電こそあったものの、どのガーデンも数日後には通常に近い公開を始めたこと。
震災の影響はほぼ無く、安全だということ。
でも、北海道の震災ということで、帯広も旭川も被災しているように思われて、入場者が激減していること。

花屋としてできることは何か。
被害にあわれた方々に寄付をすることもひとつの方法だけれども、花屋は花屋のやり方で応援する方法はあるだろうか…

何より、紅葉が始まった美しい秋の庭が、人の目に触れないまま冬じまいしてしまうのは本当に惜しい。
こんな時だからこそ、植物が持つ力が役に立つのではないか…

そんな思いから、北海道ガーデン街道の魅力をお伝えすることで、ひとりでも多くの方にガーデンを知って、訪ねてもらうことが、花屋にできる復興のお手伝いではないかと考え始めました。

「微力だけど無力じゃない。」
かつて神戸の震災時に50ccバイクに乗って、被災者が欲しいものを細かく聞き取りながら、必要な物資を届けるボランティアをなさっていた作家の田中康夫さんの言葉です。
大きな力にはなれないけれど、私たちにできることをやってみる。
それが今回の旅のテーマです。

震災発生から20日後、植物も人も元気だった「北海道ガーデン」の姿をこれから7回に渡ってお届けします。

風のガーデン

〒076-8511 北海道富良野市中御料

https://www.princehotels.co.jp/furano-area/summer/garden/
2019年の開園期間: 4月下旬~10月中旬
営業時間、入館料などの最新情報につきましては風のガーデンのWEBサイトをご覧ください。