旬花百科

日本一の花市場、大田市場に集まる
旬の花や最新品種をご紹介。
知っていると花選びが楽しくなる、
そんなお話です。

第二話 「チューリップ」

2018.04.08

study

雨水、旬の花 「チューリップ」

□学名:Tulipa □科名 / 属名:ユリ科 / チューリップ属
□和名:鬱金香(ウコンコウ/ウッコンコウ)
□花言葉:思いやり □原産地:地中海沿岸から中央アジア

花のかたちが中近東の人々の頭に巻くターバンに似ていることから、トルコ語で「頭巾」を意味する「ツゥリッパ」から名前が付いたとされています。
和名の鬱金香は、花の香りがスパイスのウコン(ターメリック)に似ていることに由来。また、「ぼたんゆり」とも呼ばれることがあります。

チューリップ・バブル

オスマントルコ帝国(現在のトルコ)で栽培されていたチューリップが16世紀にオランダに伝わると、チューリップが投機対象となり、17世紀中ごろに価格が異常に高騰。そして突然下降して世界最初のバブル経済を引き起こしました。人々が球根を買いあさり、高値がついて市場が崩壊するまで球根はお金として扱われました。

さまざまな色と花言葉

チューリップには多種多様な咲き方や色が存在します。花言葉も色によって異なり、赤は「愛の告白」、黄は「正直」、ピンクは「誠実な愛」、白は「新しい恋」、紫は「永遠の愛」と言われています。

一重咲きと王冠咲き

最もチューリップらしいかたちなのが、種類が豊富な一重咲きタイプです。
王冠咲きは、くるんとウェーブした花びらが反り返って咲くタイプ。王冠のようなシルエットから、このように呼ばれています。

パーロット咲き

パーロット(parrot)とはオウムの意味。オウムの巻き毛のようなフリルが入った花びらが特徴。花が開ききると乱れ咲きのように咲く、ドラマティックな雰囲気を持つ花です。

香りを楽しむ

写真のチューリップは「ブラウンシュガー」。フルーティーでチューリップらしい香りがする品種です。
チューリップは主に4つの系統の香りに分類されていて、それぞれの代表的な品種は次の通りです。
○チューリップの香り
ベロナ、モンテカルロ、バイキング、オレンジプリンセス、モンディアル、モンアムール、ダブルプリンセス、モンテスパイダー、モンテオレンジ、オルカ、フレミングマリガリータ
○フルーティな香り
フィノラ、ギロンデ
○チューリップ & フルーティな香り
バレリーナ、ブラウンシュガー
○スパイシーな香り
コロンブス

曲がる、伸びる

切り花でも光の方向に曲がりながら伸びるのがチューリップの特徴です。
場合によっては数日で10cm以上伸びる場合も。伸びて曲がったシルエットを活かした生け方も楽しめます

球根付きの花

ここ最近人気があるのが、球根付のチューリップです。
原種に近い、コンパクトな品種が球根付チューリップとして多く出回っています。
このタイプのチューリップは球根を見せる飾り方がおすすめ。ガラスの器などに、少な目に水を入れて楽しんでください

大人っぽいチューリップ

一般的には可愛らしい花のイメージがあるチューリップですが、最近は大人っぽく、個性的な品種も人気です。
ダークカラーのチューリップを何種類か取り合わせたブーケは、お洒落な女性への贈りものにぴったり。
11月から4月がチューリップの出回り時期。特に2月から3月にかけては最も多くの品種が楽しめる時です。
食べ物にも旬があるように、旬の花を飾って、その季節ならでは雰囲気を楽しみませんか?

取材協力:株式会社 大田花き、JA全農にいがた、富山県花卉球根農業協同組合、富山県花き生産者協議会球根切り花部会